それってどんな欲望をみたすんだろう。

人が動くきっかけは、欲望である。多くの人を動かすのであれば、多くの人に共通の欲望をくすぐってあげなければならない。by中園

人はなぜその行動を起こすのか、それは欲望を満たすためである(と思う)。

とか偉そうに言ってみましたが、欲自体が行動を促すものらしい。(wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AC%B2

欲望と聞いて、みなさん思い浮かべるのがマズローの欲求仮説かと思います。
人の欲求は段階によるというもの(詳しくはリンク先を参照してください。)

https://ferret-plus.com/5369


この欲求というものは、人間がまだ先進的な暮らしを行う前に形成されたと考えられています。おもしろい記事がありましたので、リンクを貼っておきます。

https://staff.aist.go.jp/y-ichisugi/rapid-memo/emotion.html


この欲求というのは、面白いもんで、人個人としての利益にかかわらず、遺伝子としての目的にそって形成されていると考えられています。(諸説ありますが、わたしはこの説を信じてます。

詳しくは、以下の本でも読んでみてください。

知り合いの方はお貸ししますので、お声がけください。

てめえ、リンクばかり貼りやがって、結局何が言いたいんだ!!

本なんか読まねえし、活字は大嫌いだ!という方が大多数かと思います。

簡単に言いますと、人を動かしたいときは、どんな欲求に基づき動くのか(動かないのか)を考えると、説明できますよね。という話です。

例えば

大学受験生に勉強をさせたい場合を考えてみましょう。
受験生はなんのために勉強するのか。

十中八九、自分が行きたい大学に行くためでしょう。

その大学に、なぜ行きたいのか。多くの人は、学びたい学問があるわけではなく、大きな会社に就職したいからではないでしょうか。

では、なぜ大きな会社に行きたいのか。金と安定とステータスです。

このタイプの学生は、勉強へのモチベーションが上がりづらいです。

なぜなら、①欲望が満たされるまでに時間差がある。②大企業に言ったからと言って安定しないよ的な意見が多い、この2つの原因があるからです。


①欲望が満たされるまでの時間差

人は、将来の欲求に関して、魅力を感じづらくなってます。

欲望が形成されたのが、命の危機にさらされ、一日をなんとか生きることを考えていた時期だからです。(上のリンクや本を全て読んできた方なら、納得していただけるはず)

以下に簡単にまとめられてました。経済学の話です。

http://web.econ.keio.ac.jp/staff/koji/tsushin/Tamada2.pdf

なので、勉強をさせるためには、目先の欲求を満たすことができる仕組みを作る必要があります。

私たちはそんなにできた人間じゃない。

わたしの場合は、こまめに採点することで、正解することの達成感と、周りに頭の悪い人を置くことにより優越性を感じ続けることで目先の欲求を満たす仕組みがあったように思います。(性格が悪いね。)


②大企業に言ったからと言って・・・

二つ目の理由は、価値の揺らぎです。

ただでさえ将来の価値は感じ辛いのに、その価値まで疑ってたら、期待値は余計に下がってしまいます。

期待値とは、点数に確率をかけたものです。疑いがあると、自分の中での確率が下がるので、期待値が下がります。これは大変良くない。

http://w3e.kanazawa-it.ac.jp/math/category/kakuritu/kakuritu/henkan-tex.cgi?target=/math/category/kakuritu/kakuritu/kitaiti-no-teigi.html


つまり、素晴らしく崇高な将来的な、本当にあるかどうかわからない欲求にたよるのではなく、

俗人的でくだらない、本能直結型の利益を、理性で作り上げることが、将来の確かな利益につながるのです。

なんとなくやりたい時にやる方法では、ダメ人間はダメ人間のままです。

ダメ人間にならないために、低俗な欲求を自分に与えましょう。

欲望の強さは、死への恐怖、子孫繁栄が強いので、その辺をうまくコントロールしてください。


1日5時間勉強しないと殺されるとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA