Appleの移動傾向レポート

せっかくデータがあるのでいじってみました。

マップの検索結果からデータをとっているそうです。

以下のリンクからまるっと全てのデータをcsv形式でダウンロードできます。

https://www.apple.com/covid19/mobility

国ごとのデータは、車、徒歩、飛行機ごとの基準日からの変化率。

自治体ごとのデータは車のみに絞られています。

このデータを移動者として良いのかは微妙ですね。マップで検索されただけなので。とりあえず参考としてみていきましょう。

日本の車と徒歩のデータをグラフ化してみました。

車と徒歩に関して、変化率の差はそこまで大きくないですね。下降してからは歩行者の方がより変化率が低くなってはいますが。

ちなみに基準日の1月13日は、初めて中国以外の国でコロナ感染者が出てきたくらいの時期です。日本は完全ノーマークでしたかね。自粛の流れはなかったはずです。

次に、佐賀のデータを日本全体と比べてみますか。

大きく変わらないようです。佐賀県は緩やかに伸びてきてますかね。

ここ一週間くらいで区切った方が見やすそうです。

佐賀県は16日を除いては、全校区と比べて移動者が少ないですね。

16日はみんなゆめタウンに行ったのでしょうか。

私は漫画読んでました。

そうそう、鬼滅の刃が完結したみたいですね。

ネタバレが怖くて記事も目に入れないようにしてます。

話がそれました。

さて、ここまでくると、都道府県別が見たくなりますね。

じゃん!

5月17日都道府県別気がゆるんじゃったランキングです。

我らが佐賀県はよく我慢しました!行ってみたい県ランキングくらい低い順位をキープしております。

なんとお隣が東京都。東京都偉いなーと思ったんですが、そういえばこれ自動車の移動なんですよ。

東京都民は車使わないから低くなっているだけでは。

そういうとこちゃんとみていきましょうね。

では、最新のエクセルは都道府県で塗り分けてくれますので一応機能紹介。

東北地方が増えてきてますね。

コロナの感染者数も少なかったはずなので、妥当な結果と言えるのではないでしょうか。

国別だとこんな感じです。

データがない国が多いですね。

と、まあ、そんな感じです。

コロナの増加率と組み合わせれば、「ほら!移動したから感染者増えたじゃん!全くもう〜」とデータで言えるはずです。

データドリブンでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA